FBカバー写真4
cutg4 2005年からソロ・シンガーとして活動をスタートさせ、今までに巡り会った事のない唯一無二の歌声と、R&Bを愛するマインドを武器に、幾多の共演・客演 をこなしキャリアを形成。日本のR&Bシーンを代表する Full Of Harmony、LL BROTHERS、三浦大知、HI-D、JAY’EDなどのアーティストを中心に発足した史上最高のプロジェクトイベント”SUGAR SHACK“の中核を担う男性R&Bヴォーカリストのシンボルとして抜擢され、進化を遂げ磨き上げられた歌声は宝石のような輝きを放ち真価を発揮。

R&Bシーンのステータスというべき万人を魅了し続けるLEOが、待望の1stフル・アルバム”ONE VOICE”を 2012年にリリース。新人では異例のiTunesチャート総合9位を記録し、鮮烈なデビューを果たした。アルバムリード曲「君がくれたもの」はLEOの代名詞となった。1stアルバムリリースをきっかけに全国各地でのライブを展開し、その名を着実に広めた。その余韻が未だに残る中、同年11月には、 シングル「光」をリリース。そして、次の一手に選んだのが究極のバラード「愛しくて」。

同曲は2nd Full Album「EMOTION」に先駆けて、2012年12月にレンタル/配信限定でシングルリリースされ、ミュージック•ビデオには、バラエティーでもお馴染みの“ユージ”が出演。ロングヒットを記録した。

アルバムデビューから1年が経ち、2013年2月、2ndステージの幕開けを飾る待望の 2ndフル•アルバム「EMOTION」をリリースし、
iTunes R&B/ソウル アルバムチャートで第1位を獲得し、リード曲「愛しくて」はレコチョク 邦楽ヒップホップ•R&B•レゲエランキングでウィークリー1位を獲得した。

同年、 大ヒット曲「ベイビー・アイラブユー」のシェネル&TEEタッグにLEOが加わったクリスマス・パーティー・ソング「Fun Fun Christmas / シェネル × TEE × LEO」が完成した。インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」のTV-CMソングとして起用され、この曲はコンピレーション「Francfranc presents Fun Fun Christmas」に収録されている。また、同月11月20日には自身初のMimi Album「letters」をリリース。リード曲「涙」は昨今メディアで話題の “ 涙活 ” で活躍され、涙ソムリエの異名をもつ嵯峨崇司氏と共に作詞を共作した。

日本のR&Bシーンをリードしてきたクリエイター・チーム“TinyVoice,Production”によるバックアップで 表現された迫真のサウンド・クオリティとLEOのコラボは常に進化を遂げている。
other photo
  • 2FBカバー写真
  • 3FBカバー写真
  • 4FBカバー写真
  • 6FBカバー写真
  • _MG_0263-2
  • _MG_0381-2
  • 5FBカバー写真
桶谷様FBプロフィール写真
No.96 桶谷 美咲(Okeya Misaki)
大切にしている言葉は【 Ca Va aller 】
神尾様FBプロフィール写真
No.95 神尾 有紀(Yuki Kamio)
【毎日楽しく笑顔いっぱいの明るい家庭を築いていきたい!】
倉俣様FBプロフィール写真
No.94 倉俣 麻奈実(Kuramata Manami)
『夢は見るものじゃなくて叶えるもの』